自動車業界で生きる人のためのニュースサイト 「自動車新聞社ニュース」 フォント選択 大 中 小 会社案内 お問い合わせ 記者募集
自動車ニュース
最終更新日時 2018-04-11
APEV関西シンポジウム 120人参加し近畿のEV普及を議論 (1/2)
総合(行政・政治)カテゴリ:総合(行政・政治) 2011-07-19配信 |
| 印刷画面 |




 電気自動車普及協議会(APEV)の関西シンポジウムが7月15日に立命館大学大阪キャンパスで開かれ、約120名が出席した。
 電気自動車普及協議会の田嶋伸博代表幹事があいさつを行った。
 田嶋代表は「次の世代に美しい地球を残すことを実現すべく誕生したAPEVは企業・自治体会員が210団体、賛助会員が90名になるまでに成長しました」と設立後約1年で大きな組織に成長したと振り返った。
 また、コンバージョンEVの事故が起こればEV全体の評価へも大きく影響することを強調し、EVコンバージョン部会で国土交通省関東運輸局とともに安全基準の策定に取り組み、今年4月にリリースしたガイドラインに続き、教本を10月28日の東京シンポジウムでの発表に向け準備していると報告した。
 さらにその安全基準について「国内だけでなく、国際標準を見据えて活動していきたい」と方向性をしめした。
 続けて、「国内外の自動車産業・周辺産業調査を行う『ビジネス情報部会』、現行法で認められている『原付ミニカーEV』の普及と規格標準化・安全基準の設定等を目的とした『超小型モビリティ部会』、各自治体で行われているEV普及活動についての情報交流、各種支援を行う『地域コンソーシアム部会』がある」と会員のニーズに応じた部会を立ち上げていることを強調した。
 APEVの活動範囲について「少し誤解されているところもあるが、APEVは関東の組織ではなく、全国の組織である。今回、関西でシンポジウムが開催できたことを契機に、さらに各地域との連携、組織の拡大を図りたい」と全国的な連携の重要性を強調した。
>>2ページ目へ続く


1ページ目 2ページ目 次のページへ

自動車新聞社からのお知らせ
LIGARE(リガーレ) vol.32 販売中「政府主導で”プローブ情報の真価”が取れる国シンガポール」

Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2017のメディアパートナーになりました。

LIGARE(リガーレ) vol.31 販売開始「”コネクテッド戦争”第三極の登場」

スペシャルコンテンツ [PR]
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
PC管理ソフトがセットになり、より強力になった安全運転の推進

業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーター・スターターなど電装品専門店

【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
安全運転の強化推進に威力を発揮するのは・・・

【特集】アルコールチェック義務化へカウントダウン タニタのアルコールチェッカーが大人気

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【1】

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【2】

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

Business Wire