自動車業界で生きる人のためのニュースサイト 「自動車新聞社ニュース」 フォント選択 大 中 小 会社案内 お問い合わせ 記者募集
自動車ニュース
最終更新日時 2019-06-27
車両共済の支払い増大
総合(行政・政治)カテゴリ:総合(行政・政治) 2019-06-27配信 |
| 印刷画面 |

当期純利益は約7千万円の黒字を確保
兵庫県交通共済協同組合( 北野穰理事長) は6月14日、兵ト協会館で令和元年通常総代会を開催、平成30年度事業報告、同決算、同剰余金処分案、令和元年度事業計画、同予算および約款の改正案、役員報酬の限度額、付帯決議案について原案どおり承認した。

平成30年度決算は、台風21号の高潮被害による車両共済で1億1,451万5164円の赤字となったものの、他の共済事業の利益によって当期純利益は6,906万4,301円( 対人9,933万679円、搭乗874万9,171円、対物4,862万3,143円、車両1億1,451万5,164円の損益、自賠償0円) となった。

剰余金処分は、前期繰越金を加えた7,086万8,775円と積立金取崩額2,000万円から、組合積立教育情報費用繰越2,000万円、積立金2,600万円(特別50周年記念事業)、配当金(年5 %)150万5,920円、利用分量配当4,219万5,650円の計8,970万1,570円と決めた。次期繰越は116万7,205円とした。

新事業計画では「役に立つ共済」「信頼される共済」「顔の見える身近な共済」の3本柱をキーワードとして、事故処理の充実、契約の維持・拡大、事故防止活動の徹底の重点施策を推進する。今年度は死者数半減、死傷者数5%減、対物および車両事故件数2%減を目標とした。予算は収入を37億5,683万余円、支出を36 億5,006万余円として、利益を1億676万余円と見込んでいる。


自動車新聞社からのお知らせ
LIGARE(リガーレ) vol.32 販売中「政府主導で”プローブ情報の真価”が取れる国シンガポール」

Autonomous Vehicle and ADAS Japan 2017のメディアパートナーになりました。

LIGARE(リガーレ) vol.31 販売開始「”コネクテッド戦争”第三極の登場」

スペシャルコンテンツ [PR]
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?(2)
PC管理ソフトがセットになり、より強力になった安全運転の推進

業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集1 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
業務用ドライブレコーダー特集2 全ト協助成対象などを紹介
ISO39001の導入にも役立つ支援ツールをご紹介

トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーターはリビルト品がお得 太田美品通商
トラック・バスのオルタネーター・スターターなど電装品専門店

【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
【特集】業務用アルコールチェッカーって、どれがいいの?
安全運転の強化推進に威力を発揮するのは・・・

【特集】アルコールチェック義務化へカウントダウン タニタのアルコールチェッカーが大人気

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【1】

事業用(トラック・バス)エコタイヤはどれがいいの?【2】

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【1】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
どれがいいの?アルコールチェッカー比較特集【2】
性能・価格を比較し国内メーカー9社を紹介

Business Wire